雨水の効能を検証!

 夏場、雨が降ってきたら、セントを外に出すと良いと言う話を、よく聞きます。雨水に当って、受皿に水が溜まっても根腐れが起きないといいます。原因は、なんでしょう?雨水に含まれる酸素でしょうか?雨水は、蒸留水に近いので、鉢の中の不純物を流し去ってくれるのかもしれません。また、一日外に置いておくと、夜気温が下がるので、暑い地方では、それが良いのではという意見もあります。ここでは、雨水に含まれる空気(酸素)について検証してみたいと思います。

[検証方法]私は、普段テキサス式栽培法で栽培しております。普段は、鉢皿に水(肥料水)をいれる方法を取っています。今回は、同じような株を用意して、鉢土の上から水をやる方法を取ってみました。それ以外は、普通のテキサス栽培と同じです。与える水ですが、一方は、そのままの水を、もう一方は、ハンドミキサーで3分間かき混ぜてから与えてみました。差は出るでしょうか?お楽しみ・・・・

[検証開始]1999.7.17.

泡立て処理をしないもの
下の写真は、処理開始前の株です。写真の拡大率が異なります。「無処理」「処理」の札の大きさは、全部同じですので、参考にしてください。
泡立て処理をしたもの
下の写真は、処理開始前の株です。写真の拡大率が異なります。「無処理」「処理」の札の大きさは、全部同じですので、参考にしてください。
Hseuh Blue

無処理の株の方が少し大きいみたいです。花も沢山ついています。処理の株が追いつき追い越すことが出来るでしょうか?
Evening Shade

これも無処理の株の方が、大きいです。処理の方は、拡大しているのは、札の大きさで判ると思います。同じ拡大率が良かったみたいですね。それとも2つ一緒に撮った方が良かったかな?
Fantasy Miss

これは、無処理の株の方が、やや小さいみたいです。


[検証経過]1999.7.31.
 2週間後です.水遣りは、2回しただけです.でも、ずいぶん差が出てしまいました.

泡立て処理をしないもの
下の写真は、処理開始前の株です。写真の拡大率が異なります。「無処理」「処理」の札の大きさは、全部同じですので、参考にしてください。
泡立て処理をしたもの
下の写真は、処理開始前の株です。写真の拡大率が異なります。「無処理」「処理」の札の大きさは、全部同じですので、参考にしてください。
Hseuh Blue

泡立て処理水の株の方が生育が良いです.葉っぱの数もほぼ同等になりました.株全体の大きさも同じ位になりました.生育が追いついてきました.
Evening Shade

これは、処理した方が、追い越してしまいました.丸ケースに入れて育てたのですが、同じ位の大きさの丸ケースで、処理株は、ケースの壁に葉っぱがぶつかって少し曲がる位になりました.無処理は、まだ丸ケースの壁まで少し隙間があります.
Fantasy Miss

これは、差が少ないです.しかし、中央付近の葉の生育は、処理の方が大きくなっているのが判ります.2週間前の写真と見比べてください.無処理の写真がブレてしまいました.ごめんなさい.

戻る